仄聞社ジャーナル

Inklings Inc.

「ルールとやりとりする」について

 

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

 

いま『ハーフリアル』の読書会に参加しているのですが、毎回とても興味深い議論がされています。第二回目までの議論を受けて、私なりに考えた論点がありましたので、ちょっと書いておこうと思います(以下ページ数は邦訳・書籍版『ハーフリアル』です。また[]は筆者の注です)

 

■「ルールとやりとりする」は適切な記述か

第一回で話題になった箇所ですが、第1章 序論 に、

[略]ビデオゲームをプレイすることは、現実のルールとやりとりすることであると同時に、虚構世界を想像することでもある(第1章 p.9) 

とあり、id:contractioさんがレジュメで「ふつう「ルールとやりとり」はしないのではないか、ルールのもとで誰か(何か)とやりとりするのではないか」と問題提起されていました。

読書会では、「ルール」ではなく「法則」ならいいのでは、「やりとり」ではなくて「インタラクション」ならどうか、といった意見がでましたが、改めて私なりに考えた意見はつぎのようなものです:

  • 「ルールとのやりとり」という表現は、ゲームにおける通常のやりとりを指しているのではなく、限定されたやりとりを指しているのではないか

 

■『ハーフリアル』において、通常のゲーム的実践はどう表現されているか

くまなく読んだわけではありませんが、『ハーフリアル』で通常のゲーム的実践の記述になりえそうなのは、「(ゲーム内)行為」「ゲーム(世界)とのやりとり」「ゲームプレイ」あたりがみつかりました。

「行為」について拾ってみましょう。

ゲームのルールは、潜在的な行為を作り上げるものでもある。つまり、ルールは、当のゲームの内部では意味がある(meaningful)がその外では意味がないような行為を作り出すものでもあるのだ。(第3章 p.80)

ここでは「(ゲーム内)行為」と「ルール」の構成的な関係について論じられています。

私たちがAボタンを押してマリオをジャンプさせるとき、その行為がそれとして理解可能になるのは、「Aボタンを押すとマリオはジャンプする」という当のルールを前提にしているからです。「Aボタンジャンプ」はそのようなルールとは独立して同定することはできないので、ルールによって行為が作り出される=構成的な関係、といえます。

エスノメソドロジー的にいえば、逆に当のルールもゲーム的行為から切り離して理解することはできず、ルールも行為によって構成されるので、両者の関係は同時的・相互構成的だといえると思います)

 

「ゲームとのやりとり」「ゲームプレイ」についても引用してみます。

ゲームプレイは、ルールそれ自体やゲームツリーではないし、そのゲームのフィクションでもない。ゲームプレイは、そのゲームが実際にプレイされるそのあり方のことだ。(第3章 p.117:4-6)

 

ひとつめの引用は、ゲームプレイをゲームが持つ純粋な動的な側面――つまりインタラクティブ性――として説明している。インタラクティブ性は、プレイヤーがゲーム世界とやりとりする仕方、ゲーム世界が反応する仕方であるとされる。(同17-19)

これらの箇所では、実際の「ゲームプレイ」において、「プレイヤー」は「ゲーム世界」と「やりとり」をする、と述べられています。もう1カ所引用してみます。

[挑戦課題に直面したとき]、そのゲームが実際にプレイされるそのあり方が、当のゲームのゲームプレイだ。つまり、ゲームプレイとは、<ルール>と<できるだけうまくプレイしようとするプレイヤーの試行>の相互作用のことだ。(第3章 p.77)

「ゲームプレイ」は「プレイヤー」と「ルール」との「相互作用」で成り立つ、とあります。

こちらの用法は、一連の行為のなかで、プレイヤーがルールを参照しながら行為を適切に選択してゆく、といった事態を指し示していると思われます。おそらく複数回の連続したプレイが前提になっていると思います。また、そうした試行錯誤に当てはまらない、漫然としたプレイも当然あるはずです。

先程論じた「行為とルールの構成的関係」は、個々の行為についての議論であり、原則的にはほとんどのゲーム的実践に当てはまる議論です。それに対して「プレイヤーとルールの相互作用」は、連接した行為についての議論であり、当てはまる実践もあれば、そうではない実践もあるでしょう。

この2つのもっとも大きな違いは、行為とルールの関係に時間的な差異があるかどうか、だと思います。前者はタイムラグがなく、後者はタイムラグがある関係になっています。

 

■「ルールとのやりとり」はどちらか

さて、「ルールとのやりとり」という表現に当てはまりそうなのは、おそらく「プレイヤーとルールの相互作用」の方ではないでしょうか。 

「ルールとやりとりする」は序論の冒頭にでてきますので、通常のゲーム的実践について言及していると思ってしまいそうですが、本全体としては「試行錯誤」的な実践を強調しているようでもあるので、この箇所にでてくるのはもっともなのかもしれません。